研究員紹介 - 中村 進

プロフィール

中村 進

笹川平和財団
特別研究員(IINAエディター)

Susumu Nakamura

中村 進

安全保障法(国内法・国際法)・安全保障政策・戦略

 横浜国立大学国際社会科学研究科博士課程単位修得退学(博士(学術))。1974年海上自衛隊入隊、航空部隊勤務等を経て1992年海上自衛隊幹部学校勤務。研究室長、海上幕僚監部法務室長兼務などを経て2008年3月退官、幹部学校主任研究開発官として再任用。2017年3月再任用任期終了により退官(海将補)。在職中に、埼玉大学教養学部、慶応義塾大学総合政策学部の非常勤講師を兼職。2017年10月より現職。慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート客員上席所員を兼務。著作に「有事関連条約における個人保護法制への国内的対応とその問題点」『ジュリスト』No.1229(共著)、“Dispute about maritime law between U.S. and China” Collection of Treatise for 2017 International Symposium on Military Education.(中華民国国防部)など。

ページトップ