研究員紹介 - 佐竹 知彦

プロフィール

佐竹 知彦

防衛研究所
政策研究部防衛政策研究室 主任研究官

Tomohiko Satake

佐竹 知彦

アジア太平洋の国際関係、日米豪安全保障協力

 慶應義塾大学法学部卒業後、同大学大学院法学研究科修士課程、オーストラリア国立大学太平洋アジア研究所博士課程修了(国際関係論)。2010年防衛研究所入所、2015年より現職。その間、防衛省防衛政策局国際政策課部員(多国間の安全保障担当)、慶應義塾大学法学部非常勤講師、オーストラリア国立大学豪日研究センター客員研究員、法政大学グローバル教養学部非常勤講師等を歴任。最近の著書として、”Japan-Australia Security Cooperation in their Bilateral and Multilateral Context” (co-authored with John Hemmings), International Affairs (forthcoming), 「冷戦後の日豪の接近–安全保障協力の『多角化』という観点から」『防衛学研究』第57号(2017年9月)など。

ページトップ