1885年10月22日

沖縄県、出雲丸を派遣して開拓可能性を調査


1885年(明治18年)、沖縄県令は、石澤兵吾他を出雲丸(日本郵船会社)で尖閣諸島へ派遣し、石澤兵吾らは、港湾形状・土地物産の開拓見込みなどの有無を調査。石澤兵吾の「魚釣嶋外二嶋巡視取調概略」(1885年11月4日付:Ref.1)、出雲丸船長の林鶴松による「魚釣、久場、久米赤嶋回航報告書」(1885年11月2日付:Ref.2)の報告がある。


tit
Ref.1 :魚釣嶋外二嶋巡視取調概略(石澤兵吾)
(外務省外交史料館所蔵外交記録『帝国版図関係雑件』1-4-1-7)

Ref.2 :魚釣、久場、久米赤嶋航報告書(林鶴松)
(外務省外交史料館所蔵外交記録『帝国版図関係雑件』1-4-1-7)

参考資料
南方同胞援護会機関誌『季刊沖縄』63(1972年12月31日)
特集 尖閣列島第2集 p.116~p.119


tit