著者・研究員紹介 - 大澤 淳

プロフィール

大澤 淳

笹川平和財団
プロジェクト・コーディネーター

Jun Osawa

大澤 淳

国際政治学(戦略評価、サイバー安全保障)、公共政策(政策分析)

 1971年生。慶應義塾大学法学部1994年卒、同大学大学院法学研究科修士課程1996年修了(法学修士)。1995年世界平和研究所研究員、2009年同主任研究員、2014年〜2016年内閣官房国家安全保障局参事官補佐(サイバー安全保障担当)、2017年中曽根康弘世界平和研究所主任研究員。現在、鹿島平和研究所理事、笹川平和財団プロジェクト・コーディネーター、を併任。2004年〜2006年外務省国際情報統括官組織専門分析員、2007年〜2009年外務省総合外交政策局外交政策調査員、2013年米国ブルッキングス研究所客員研究員(招聘給費)、2012年〜2016年政策研究大学院大学(GRIPS)客員研究員、2017年〜2019年内閣官房国家安全保障局シニアフェローを併任している。専門は国際政治学(戦略評価、サイバー安全保障)、公共政策(政策分析)。

 最近の著作に、「デジタル・シルクロードの野望と現在地」PHP研究所『VOICE』2020年6月号、「米中サイバー戦争」川島真・森聡編『UP plus アフターコロナ時代の米中関係と世界秩序』(東京大学出版会、2020年12月)、「産業競争力を奪うサイバー攻撃の脅威」産経新聞社『正論』2021年7月号。

ページトップ