研究調査プロジェクト

SPFアメリカ現状モニター

アメリカ現状モニターとは

本プロジェクトでは、米国の政治・社会の問題・政策にフォーカスし、その変化・変動・そしてその多方面への影響に注目して、米国政治、米国の外交、また広く米国社会の問題を専門とする研究者が中心となり、現状を調査分析(モニター)し、その情報を広く公開・発信していくことを目指しています。

背景

2017年1月、米国ではトランプ新大統領が誕生しました。大統領選挙の過程、また大方の予想を覆した大統領選挙の結果の裏には、経済的格差の拡大、雇用問題などを背景とした米国社会の変容、そして白人中間層に代表される怒りや不満があることは今や広く知られるところです。まさに米国社会の変化がトランプ大統領の誕生という形で顕在化したとも言えます。同時に、移民問題、外交、貿易などトランプ大統領自身の数々の政策や言動がもたらす形で、今後新たな米国社会そして世界の中での米国のプレゼンス(軍事力、信頼、その他の影響力等)の変化が予測され、一部ではすでにあらわれつつあります。このような米国の現状を前に、我々は本当に米国を理解していたのか、という問いかけを土台に、今後日米関係、対米関係をどのように考えてゆくべきなのか、トランプ政権下の米国に対する理解を客観的に深めつつ、俯瞰して専門的議論を行い準備すること、そのために米国国内に生じた変化を理解し、その行方を見極めることが何よりも重要となっています。その現状に対し、米国の現状について専門的見地を土台にした客観的で信頼できる調査や分析情報を発信・提供できる民間の専門家によるプロジェクトとして、本企画をスタートさせました。

プロジェクトメンバー

座長

  • 久保 文明

    東京大学大学院法学政治学研究科 教授

メンバー

  • 中山 俊宏

    慶應義塾大学 総合政策学部 教授

  • 西山 隆行

    成蹊大学 法学部 政治学科 教授

  • 森 聡

    法政大学 法学部 国際政治学科 教授

  • 山岸 敬和

    南山大学 国際教養学部 国際教養学科 教授

  • 渡辺 将人

    北海道大学大学院
    メディア・コミュニケーション研究院 准教授

  • 渡部 恒雄

    笹川平和財団 上席研究員

論考シリーズ
※無断転載禁止

論考シリーズ

論考 2017/12/27

ヒルビリー・エレジー的言説がどうしても必要だった理由

中山俊宏(慶應義塾大学総合政策学部教授)

»続きを読む

論考 2017/12/26

トランプ政権下で深まる政党内部の亀裂

渡辺将人(北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院准教授)

»続きを読む

論考 2017/12/11

ドリーマーと共和党の困惑

西山隆行(成蹊大学法学部政治学科教授)

»続きを読む

論考 2017/12/06

税制改革法案でのトランプ大統領と共和党議会の距離

渡部恒雄(笹川平和財団上席研究員)

»続きを読む

論考 2017/11/24

トランプのホワイトハウス: ケリーは秩序と規律を回復できるか?

久保文明(東京大学大学院 法学政治学研究科 教授)

»続きを読む
ページトップ