募集要項

募集要項

2018募集要項

2018年度は、複数の学校が地域規模で取り組む学習活動を支援する「地域展開部門」と、
海を主題とする学習活動を幅広く支援する「単元開発部門」の2つの部門を募集いたします。詳細は募集要項をご覧下さい。

主催 日本財団 / 東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター / 笹川平和財団海洋政策研究所
後援 文部科学省
助成対象 全国の国・公・私立の小学校、中学校、高等学校、義務教育学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校
対象期間 2018年4月1日~2019年3月31日に実施される学習活動が対象となります。
部門

地域展開部門

概要 複数校が共通のテーマのもと連携して行う取り組みや、地域のまちづくりや教育計画などに基づいた取り組みを支援し、地域規模の海洋教育の普及・推進モデルを開発します。
助成金額 幹事校:上限150万円
メンバー校:上限100万円 × 参加校数
ただし、原則として幹事校・メンバー校合わせての上限は1,000万円とします。
助成件数 10件程度
対象活動 年間を通して、幹事校の主導により複数の学校が協力・連携して行う学習活動を対象とします。
その他
  • 申請、助成契約の締結などは幹事校・メンバー校それぞれで行っていただきます。
  • 最低1回、参加校による地域カンファレンス(成果報告会)を開催していただきます。
  • 大学など外部機関の専門家との連携があることを推奨します。
  • 市区町村や県を超える広域連携の取り組みも対象となります。
  • 小中高など校種の異なる学校の連携も対象となります。
  • 部活動やボランティアなどの課外活動を含めることは可能ですが、必ず授業と関連させ、教育課程内の活動が中心となるようにしてください。
  • 2年目以降も継続して助成申請をいただくことが可能です。
    複数年度にわたる事業を計画している場合は、事業年度毎に申請していただきます。
    審査については年度毎に実施します。
  • 公立学校では、原則として管轄の教育委員会のご担当者をお知らせください。

単元開発部門

概要 海を主題とする学習活動を幅広く支援し、海洋教育のモデルカリキュラムとして取り入れられる新たなアイデアや実践を発掘します。
助成金額 1件の申請につき、上限50万円
助成件数 100件程度
対象活動

総合的な学習の時間や各教科、道徳・外国語活動・特別活動等において実施する海洋に関する学習活動全般を対象とします。単元実施の期間や長さ(時間数)は問いませんが、該当する教科・領域等の年間指導計画に位置付いていることが必要です。

【例】

  • 教科横断的なカリキュラム
  • 海洋と地域の民俗・文化の関わりを主題とする探求的なカリキュラム
  • 海洋と地球温暖化・気候変動を主題とする探求的なカリキュラム
  • 海洋に関わる社会課題を主題とする課題解決型および合意形成型のカリキュラム
その他
  • 部活動やボランティアなど、課外活動を含めることは可能ですが、必ず授業と関連させ、教育課程内の活動が中心となるようにしてください。
  • 2年目以降も継続して助成申請をいただくことが可能です。
    複数年度にわたる事業を計画している場合は、事業年度毎に申請していただきます。
    審査については年度毎に実施します。
募集要項

募集要項.pdf PDF形式(2.2MB)

申請書は必ず以下のエクセルファイルにてご作成ください。
昨年度までの申請書とは異なります。ワードやPDFの形式では受け付けられませんのでご注意ください。

申請書

申請書(地域展開部門・幹事校) エクセル形式(42KB)

申請書(地域展開部門・メンバー校) エクセル形式(31KB)

申請書(単元開発部門) エクセル形式(31KB)

申請書記入例(地域展開部門・幹事校) PDF形式(17KB)

申請書記入例(地域展開部門・メンバー校) PDF形式(16KB)

申請書記入例(単元開発部門) PDF形式(16KB)

成果報告

成果報告について PDF形式(1.3MB)

Q&A

よくあるご質問についてはQ&Aページをご参照ください。

申請方法

申請書は受付専用アドレスへメールにてお送りください。※受付期間:11月1日(水)~11月24日(金)
pioneer.2018application@spf.or.jp

ページのトップへ戻る