【動画】今ワシントン州では何が起きているのか?~COVID-19との戦い、そして社会的課題~

英語版

日本語版

アジア系アメリカ人州議会議員とのインタビューシリーズ No. 4

米国各州における新型コロナウィルス感染拡大の現状と対策、経済活動再開に関する措置、また、アジア系アメリカ人に対する差別の広がりやBlack Lives Matter運動など、アメリカの州レベルで、今何が起こっているかについて、現地の州議会議員へインタビューを実施するシリーズ。

第4回 ミイ・リン・タイ議員

ワシントン州下院議員(民主党)

(2020年8月6日撮影)

ミイ・リン・タイ氏

ワシントン州下院議員(民主党)

ベトナムからの難民として、家族と共にワシントン州に移住した。ワシントン大学薬学部を卒業、選挙で選ばれる教育委員会理事を5年務め、ワシントン州立学校理事協会の副会長を務めた。難民として初めてワシントン州下院議員に選出されたことを、誇りに思っている。

教育問題に精力的に取り組み、万人への平等な教育機会の確保のため尽力している。現在ベルビュー市内の学校に通う2人の子の母親であること、また彼女自身も学生時代に支援を受けた経験が、この熱意の原動力となっている。

公民権・司法委員会の副委員長に任命されたほか、保健医療・健康委員会、教育委員会、教育アカウンタビリティ監督委員会のメンバーも務める。
2019年12月にSPFと米日カウンシルが共催するアジア系アメリカ人リーダー訪日プログラムで来日し、東京、京都、大阪、鳥取を訪問した。


インタビューアー:
アイリーン・カワナベ氏

全国州議会議員アジア太平洋系アメリカ人幹部会 理事

アイリーン・カワナベ氏は、全国州議会議員アジア太平洋系アメリカ人幹部会(31州の 147人の州議会議員からなる組織)の理事を務めている。また、全米州議会議員連盟(NCSL)の理事を務め、州・先住民問題研究所、党員集会、女性の議会ネットワークを管理・監督している。アジア系アメリカ人リーダー訪日プログラムを開始当初から支えている。


【お問合せ先】
公益財団法人笹川平和財団 日米グループ
村田綾、河野円香
email: japan-us@spf.or.jp | 電話:03-5157-5143
 
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

アジア戦略イニシアチブ

ホームへ

SPFアメリカ現状モニター

ホームへ

ページトップ