国際海洋情報の内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、二次使用の際は国際海洋情報からの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

国際海洋情報(2021年11月4日号)

1.COP 26:第1週の主要合意内容と課題

Bloombergによる概要以下のとおり。①1.5℃目標に向けた各国のNDCsについては、インドが新たに2070年までの炭素中立を約束した一方、中国は約束の積み増しを行わず、目標の達成のためには、依然として130億トンのCO₂削減が必要。②2030年までにメタンの排出量を30%削減するというGlobal Methane Pledgeに100か国以上が参加したが、1.5℃目標達成のためには45%の削減が必要。③ブラジル・ロシア・カナダといった主要森林国を含む100か国以上が、2030年までに森林伐採をやめるというforest pledgeに合意。④G20諸国が海外における石炭関連事業への金融支援停止に合意したものの、国内の石炭火力発電の撤廃については、20数か国のみが合意し、米国も中国も参加せず。⑤途上国への金融支援ついては、伊・日・加が支援の増額を表明したものの、先進国から年間1000億ドル途上国に支援するという約束は2023年まで実現せず。⑥国際的な排出権取引に関するパリ協定6条をめぐる交渉については、ブラジルが軟化の姿勢を見せるものの、途上国が求める取引課税に対して、米・EUが反対しており、交渉は最後までもつれる見込み。

原文
November 7, 2021, Bloomberg

2.英国主導で45か国がNature Pledgeに署名

全世界で排出されるGHGの約1/4は農業・林業などの土地利用から発生しているが、気候変動対策として、食料を生産し消費する方法を早急に改善する必要があるため、11月6日、英国政府主導で、45か国が自然を保護し、より持続可能な農業を実現するために迅速な行動と投資をすることを約束する宣言に署名した。具体的な施策としては、40億ドルの公共投資を実施して、気候変動に抵抗力のある穀物の品種開発や土壌改良を実施し、多くの農民に新たな栽培技術や資源を利用できるようにし、より持続可能な農業を実現するため、16か国がPolicy Action Agendaを160の関係者がGlobal Agenda for Innovation in Agricultureを開始する。英国首相は自然と生物多様性を保護するために最低限30億ポンド(約4600億円)のInternational Climate Financeを実施すると約束したが、その一部の5億ポンド(約770億円)を500万haの熱帯雨林を保護するために支出する。

原文

November 6, 2021, 英国政府


3.COP 26:英国が途上国に対して2.9億ポンドの支援を約束

COP 26第2週の初日の11月8日は、Adaptation, Loss and Damage Dayで発展途上国における異常気候に伴う損害と気候適応対策について話し合われるが、英国政府は途上国の気候変動対策に関し、2.9億ポンド(444億円)の支援を行うことを表明する。援助資金の大部分は、地球温暖化の悪影響に対して脆弱な太平洋・アジア諸国の支援に充てられる予定。具体的には、生態系や野生動物を保護するための生物多様性の改善や、環境にやさしい新規産業の発展と新規雇用の創出に充てられる。先進国は、2009年に毎年1000億ドルずつ、2020年まで途上国に対して支援することを約束していたが、米国のパリ協定の脱退などによって、いまだその目標額は達成されておらず、今回のCOPにおいても先進国は2023年までに支援額を約束である年間1000億ドルまで増加することを目標としている。

原文

November 8, 2021, BBC


4.COP 26:米オバマ元大統領のスピーチ概要

オバマ元大統領が、11月8日、COP 26の最終週の初日に、小島嶼国の会合で行ったスピーチの概要は以下のとおり。①我々は、気候変動適応対策と防災対策に直ちに取り組む必要がある。②2015年のパリ協定以来、気温上昇を産業革命以前と比較して1.5℃以内に抑制するための対策がほとんど進展してこなかった。③2大CO₂排出国であるロシアと中国の首脳が今回の会合に出席すらしないのは、極めて残念であり、この2国のNDCsは緊急性の意識に欠け、現状維持を図ろうとするものである。④先進国が途上国に対して約束している気候変動対策に関する経済支援を実施してこなかったことは、途上国の先進国に対する不信感を増加させ、CO₂排出削減の大きな障害となっている。

原文

November 9, 2021, Reuters


国内ニュース

1.MOL: メタノール二元燃料の環境負荷の少ないメタノール運搬船を竣工
原文
11月5日、MOL

2.MOL: 液化CO₂輸送船のコンセプトスタディを完了
原文
11月4日、MOL

3.MOL: 舶用水素燃料エンジンを搭載した実船実証運航に基本合意
原文
11月9日、MOL


Webinar情報

1.COP 26: Virtual Ocean Pavilion
October 31-November 12
https://cop26oceanpavilion.vfairs.com/en/registration-form

2.UN Conference Ocean Decade Kickoff Conference for the Western Pacific
November 25-26
https://www.ioc-westpac.org/decade-kickoff-conference/registration/


国際海洋情報

記事アーカイブ

アーカイブス