国際海洋情報の内容については、有料メールニュースなど営利目的での転載はご遠慮頂くとともに、二次使用の際は国際海洋情報からの転載である旨を明示していただきますよう、お願いいたします。

国際海洋情報(2021年11月2日号)

1.COP 26:現時点におけるGHG削減見込状況

The Energy Transition Commission(ETC)による本年9月時点での分析によれば、政策的な積み上げがなければ(business as usual pathway)、全世界で2030年までに排出されるCO₂の総量は最大で43Gtとなる見込み。一方で、地球の気温上昇を今世紀末までに産業革命以前と比べて1.5℃以内に抑制するために必要な2030年までのCO₂許容最大排出量は21Gtなので、差し引き22Gtを政策的に排出削減する必要がある。COP 26 の前半終了時点で、積み上げられた追加CO₂削減量は9Gtなので、さらに13Gt分の政策的積み上げが必要となる。同様に、メタンについても、1.5℃目標を達成するためには、2030年までに35-45%の排出削減が必要で、ETCによれば2030年までに、化石燃料からの排出量を60%、農業と廃棄物処理からの排出量を30%削減できれば、合計で40%削減(130MtCH4)が可能となる。全世界のメタン総排出量の45%を排出している100か国以上が参加して合意されたThe Global Methane Pledgeに従い、2030年までにメタンの排出量を30%削減すれば、50MtCH4の削減が可能だが、さらに80MtCH4分の追加排出削減が必要となる。

原文
November 6, 2021, UNFCCC

2.2021年のCO₂排出量は、石炭の消費量の増加によって過去最高に

11月3日、The Global Carbon ProjectがEarth System Science Data誌に発表した新たな情報によれば、中国とインドにおける石炭消費量の増加によって、今年の化石燃料によるCO₂排出量は対前年比5%増加して、パンデミック以前の水準に戻ることが見込まれる。石炭の消費量は、2014年以来継続して減少してきたが、今年は増加に転じて、2019年の水準を上回る見込みで、天然ガスの消費量も世界的に急増している。
一方、石油の使用量は、航空・陸上輸送の実績がパンデミック以前に戻っていないので、CO₂排出量も減少している。国別にみると、中国のCO₂排出量はパンデミックにもかかわらず、2020年ですら増加したが2021年も増加し、インドも本年は経済成長が加速し、CO₂排出量も2019年を上回る見込み。特に中国の石炭からのCO₂排出量は76Mtに達し、他のすべての国の石炭からのCO₂排出量の合計を上回っている。

原文

November 3, 2021, Inside Climate News


3.富裕層の生活様式が地球温暖化を促進


慈善団体のOxfamが欧州環境政策研究所(IEEP)とストックホルム環境研究所(SEI)に委嘱し、11月5日に発表した研究によれば、パリ協定の1.5℃目標を達成するためには、人類一人当たりが年間に排出するCO₂の量を、2030年までに現状の約半分の2.3トンまで削減する必要があるが、世界の中で富裕な上位1%の階層に属する人々は、現在の生活様式を変更しなければ、2030年までに一人当たり、年間70トンのCO₂を排出することが分かった。この富裕層が排出するCO₂のシェアは、1990年には13%だったが、2030年には16%に拡大する見込み。一方で、収入が相対的に下位の半分を占める人たちは、年間で平均して排出するCO₂の量が1トン以下であることが分かった。今回のCOPにも、英国のジョンソン首相・チャールズ皇太子をはじめ多くの代表がプライベートジェットでやってきているが、Oxfamはこうした富裕層の人々が自らの生活様式を変えて、率先してCO₂排出を削減し、自身の影響力と経済力を行使して、green economyの実現を支援すべきであるとしている。

原文

November 5, 2021, The Guardian


4.IMO:Ship’s Biofouling on Greenhouse Gas Emissions

IMOが標記報告書(速報版)をCOP 26に提出したところその概要は以下のとおり。①船長175mのばら積み船の船底の50%に0.5mmの生物の膜が付着した場合、当該船舶の運航に伴い排出されるCO₂の量は25%増加する。②船長230mのコンテナ船の船底の10%に2.5mmのフジツボの層ができた場合は、CO₂排出量は34%増加する。③船長320mのタンカーの船底の1%に5mmのフジツボの層ができた時は、CO₂排出量が55%増加する。④このようにbiofoulingが運航・燃費効率およびCO₂排気量に与える影響を海運業界はこれまで低く見積もってきた。⑤最終報告書は、来年2月に発表される見込み。

原文

November 4, 2021, IMO


Webinar情報

1.COP 26: Virtual Ocean Pavilion
October 31-November 12
https://cop26oceanpavilion.vfairs.com/en/registration-form

2.UN Conference Ocean Decade Kickoff Conference for the Western Pacific
November 25-26
https://www.ioc-westpac.org/decade-kickoff-conference/registration/


国際海洋情報

記事アーカイブ

アーカイブス