新型コロナウイルス関連海洋安全保障情報(2020年10月1日~10月31日)

(1) 10月5日 A Quad of consequence: Balancing values and strategy(The Interpreter, October 5, 2020)


https://www.lowyinstitute.org/the-interpreter/quad-consequence-balancing-values-strategy

The Interpreter, October 5, 2020
Titli Basu


 10月5日付の豪シンクタンクLowy InstituteのウェブサイトThe Interpreterは印シンクタンクThe Manohar Parrikar Institute for Defence Studies and Analyses 非常勤研究員Titli Basuの”A Quad of consequence: Balancing values and strategy”と題する論説を掲載し、ここでBasuは10月6日に東京で開催される日米豪印外相会合(Quad)について、ここではCOVID-19が国際社会を根本的に変えてしまうのかという点も論じられるであろうが、確実なのは中国にどのように向き合うべきかが議論されることになるだろうと論じている。
(抄訳掲載予定)
 

(2) 10月5日 What Happens When China Leads the World(The Atlantic, October 5, 2020)


https://www.theatlantic.com/international/archive/2020/10/what-kind-superpower-will-china-be/616580/

The Atlantic, October 5, 2020
Michael Schuman


 10月5日付の米月刊誌The Atlanticは起業家、著述家であるMichael Schumanの”What Happens When China Leads the World”と題する論説を掲載し、ここでSchumanは中国が超大国になった場合にどのような行動をとるかについての歴史的考察をする中で、中国が自国の影響力拡大のためにあらゆる分野を利用するという事例の一つとしてCOVID-19対応に際しての世界保健機関(WHO)における台湾のコミットメントの排除を挙げている。
 

(3) 10月5日 What you need to know about the ”Quad,” in charts(Brookings, October 5, 2020)


https://www.brookings.edu/blog/order-from-chaos/2020/10/05/what-you-need-to-know-about-the-quad-in-charts/

Brookings, October 5, 2020
Tanvi Madan


 10月5日付の米シンクタンクThe Brookings InstitutionのウェブサイトThe Brookingsは同所Project on International Order and Strategy上級研究員でインドプロジェクトの責任者 Tanvi Madanの”What you need to know about the ”Quad,” in charts”と題する論説を掲載し、ここでMadanは東京で開催された日米豪印4カ国枠組み(Quad)外相会合に関連して同枠組みの経緯と現状、展望について論ずる中で、対中国を意識した同枠組みは最近の一連のCOVID-19対応を通じて4ケ国間相互及び域外国との関係とも大きく進展することになったと述べている。
 

(4) 10月7日 China’s Two-Pronged Response to the Quad(The Diplomat, October 7, 2020)


https://thediplomat.com/2020/10/chinas-two-pronged-response-to-the-quad/

The Diplomat, October 7, 2020
Shannon Tiezzi


 10月7日付のデジタル誌The Diplomatは同誌編集者Shannon Tiezziの”China’s Two-Pronged Response to the Quad”と題する論説を掲載し、ここでTiezziはCOVID-19の影響下で敢えて対面方式で開催された日米豪印4カ国枠組み(Quad)外相会合の意義について触れつつ、参加各国の姿勢の微妙な違い、すなわち米国(Pompeo国務長官)の中国共産党に対する強い批判と他の3カ国の中国には直接言及することなく「自由で開かれたインド太平洋」について述べたことの含意などについて論じている。
(抄訳掲載予定)
 

(5) 10月8日 The Quad was made for 2020(The Strategist, October 8, 2020)


https://www.aspistrategist.org.au/the-quad-was-made-for-2020/

The Strategist, October 8, 2020
Michael Shoebridge


 10月8日付の豪シンクタンクAustralian Strategic Policy Institute(ASPI)のウェブサイトThe Strategistは同所The defence, strategy and national security program責任者Michael Shoebridgeの”The Quad was made for 2020”と題する論説を掲載し、ここでShoebridgeは東京で開催された日米豪印4カ国枠組み(Quad)外相会合について論ずる中で中国によるQuadへの批判はあるも同枠組みはCOVID-19対応やパンデミック後の経済再建などについて既に域外国も含めた協力態勢を構築しつつあり、実質的に新たな段階に入っていると論じている。
 

(6) 10月12日 Act East or Acting? India and ASEAN(The ISEAS – Yusof Ishak Institute, October 12, 2020)


https://www.iseas.edu.sg/media/commentaries/act-east-or-acting-india-and-asean/

The ISEAS – Yusof Ishak Institute, October 12, 2020
Hoang Thi Ha


 10月12日付のシンガポールのシンクタンクISEA-Yusof Ishak Instituteの ウェブサイトは同所Researcher for Political & Security Affairs特別研究員Hoang Thi Haの”Act East or Acting? India and ASEAN”と題する論説を掲載し、ここでHoangは印ASEAN関係について論ずる中で東アジア包括的経済連携(RCEP)締結に対するASEAN諸国の期待は非常に大きいが、インドの離脱はCOVID-19の影響による国内経済の急激な悪化に起因するものでありその復帰は容易ではないと見られると論じている。
 

(7) 10月12日 Beijing Believes Trump Is Accelerating American Decline(Foreign Policy, October 12, 2020)


https://foreignpolicy.com/2020/10/12/china-trump-accelerating-american-decline/

Foreign Policy, October 12, 2020
Rush Doshi


 10月12日付の米シンクタンクForeign Policy Research InstituteのウェブサイトはThe Brookings China Strategy Initiative責任者Rush Doshiの”Beijing Believes Trump Is Accelerating American Decline”と題する論説を掲載し、ここでDoshiは中国が国際協調に背を向けるTrump政権が結果的に米国を衰退させることになると見ていると論ずる中で、その論拠の一つとして同政権のCOVID-19初期対応の不手際に起因する感染拡大を挙げている。
 

(8) 10月15日 Enhancing Forward Defense: The Role of Allies and Partners in the Indo-Pacific(Center for a New American Security, October 15, 2020)


https://www.cnas.org/publications/commentary/enhancing-forward-defense-the-role-of-allies-and-partners-in-the-indo-pacific

Center for a New American Security, October 15, 2020
Charles Edeland, Siddharth Mohandas


 10月15日付の米シンクタンクThe Center for a New American Security(CNAS)のウェブサイトは豪The University of Sydney, the United States Studies Centre上級研究員Charles Edeland、CNAS非常勤上級研究員Siddharth Mohandasの”Enhancing Forward Defense: The Role of Allies and Partners in the Indo-Pacific”と題する論説を掲載し、ここでEdelandらは台頭する中国に対応するにはインド太平洋地域の米国の同盟国、パートナー諸国の結束が不可欠と論ずる中で、米国のCOVID-19の初期対応の不手際に対する不信感を払拭し、かつ、同盟国、パートナー諸国においてCOVID-19がもたらす経済的苦境を克服するためにも、これら諸国の連携強化が重要であると論じている。
(補遺掲載予定)
 

(9) 10月19日 What’s worth 14 days’ quarantine for Australia’s foreign minister? (The Strategist, October 19, 2020)


https://www.aspistrategist.org.au/whats-worth-14-days-quarantine-for-australias-foreign-minister/

The Strategist, October 19, 2020
Graeme Dobell


 10月19日付の豪シンクタンクAustralian Strategic Policy Institute(ASPI)のウェブサイトThe Strategistは同書ジャーナリスト研究員Graeme Dobellの”What’s worth 14 days’ quarantine for Australia’s foreign minister?”と題する論説を掲載し、ここでDobellはPayne豪外相の東京で開催された日米豪印4カ国枠組み(Quad)外相会合参加とこれに引き続くシンガポール訪問はインド太平洋地域におけるオーストラリア外交にとって重要なものであり、COVID-19対応のための計28日間に及び隔離期間にも見合うものであったと論じている。
 

(10) 10月22日 Commentary: U.S. politicians' attempt to build anti-China alliance faces dead end(Xinhua Net, October 22, 2020)


http://www.xinhuanet.com/english/2020-10/22/c_139459485.htm

Xinhua Net, October 22, 2020
huaxia(署名記事)


 10月22日付の中国国営通信社・新華社のウェブサイト英語版Xinhua Netは同編集者huaxiaの”Commentary: U.S. politicians' attempt to build anti-China alliance faces dead end”と題する署名記事を掲載し、ここでhuaxiaは最近の米中対立の下で中国批判を強めている米国の姿勢はCOVID-19の影響からの経済回復を目指す国際社会の協調のためにも有害無益であると論じている。
 

(11) 10月24日 ‘They are raping the Galapagos’: Chinese fishing boats, Covid-19 threaten Ecuador’s Unesco site(South China Morning Post, October 24, 2020)


https://www.scmp.com/news/world/americas/article/3106948/they-are-raping-galapagos-chinese-fishing-boats-covid-19

South China Morning Post, October 24, 2020

 10月24日付の香港日刊英字紙South China Morning Post電子版は”‘They are raping the Galapagos’: Chinese fishing boats, Covid-19 threaten Ecuador’s Unesco site”と題する記事を掲載し、COVID-19の影響による観光客の激減のために経済的な危機に瀕しているガラパゴス諸島周辺海域に中国の漁船団が進出して活動を活発化させている状況について報じている。