新型コロナウイルス関連海洋安全保障情報(2020年7月21日~7月31日)

(1)7月27日 Four South Pacific futures(The Strategist, July 27, 2020)


https://www.aspistrategist.org.au/four-south-pacific-futures/

The Strategist, July 27, 2020
Graeme Dobell


7月27日付の豪Australian Strategic Policy InstituteのウェブサイトThe Strategistは同所ジャーナリストフェローGraeme Dobellの“Four South Pacific futures”と題する論説を掲載し、ここでDobellは豪Griffith University, Asia Institute客員研究員Peter Laytonが著書中で述べている太平洋島嶼国の将来像とそこでオーストラリアが果たすべき役割について言及する中で、COVID-19が国際社会を激変させ、このような見通しに影響を与える可能性があると論じている。
(抄訳掲載予定)
 

(2)7月27日 Covid-19 accelerates maritime insecurity in the Asia–Pacific(The Strategist, July 27, 2020)


https://www.aspistrategist.org.au/covid-19-accelerates-maritime-insecurity-in-the-asia-pacific/

The Strategist, July 27, 2020
Asyura Salleh


7月27日付の豪Australian Strategic Policy InstituteのウェブサイトThe Strategistは米シンクタンクThe Pacific Forum のVasey Fellow(編集注:同フォーラムが実施している若手研究者に対する支援プログラム)Asyura Sallehの“Covid-19 accelerates maritime insecurity in the Asia–Pacific”と題する論説を掲載し、ここでSallehは各国がCOVID-19の対応に追われている中で相対的に海上法執行に投入されるべき人員、予算なども削減されることとなった結果、それまでも重要な問題であったIUU漁業の拡大など危機のハイブリッド化の傾向が見られると論じている。
(抄訳掲載予定)
 

(3)7月24日 How COVID-19 Will Reshape Indo-Pacific Security(The Diplomat, July 24, 2020)


https://thediplomat.com/2020/07/how-covid-19-will-reshape-indo-pacific-security/

The Diplomat, July 24, 2020
Jiyoon Kim, Jihoon Yu, Erik French


7月24日付のデジタル誌The Diplomatはネットワーク型のNPO、The Institute of Democracy and Education上級研究員Jiyoon Kim、韓国海軍少佐Jihoon Yu、米The College at Brockport State, University of New York, International Studies助教授Erik Frenchの“How COVID-19 Will Reshape Indo-Pacific Security”と題する論説を掲載し、ここでKimらはCOVID-19のパンデミックは各国軍隊の即応態勢を低下させるとともに米中対立を激化させるなどインド太平洋地域における安全保障環境を不透明にさせている一方で、Quad(日米豪印4カ国枠組み)に韓国、ベトナム、ニュージーランドなどを加えたQuad-plusなどが新たな枠組み形成の契機となる可能性もあると論じている。
 

(4)7月24日 Asian states face stark choice in threat of China-US military clash(South China Morning Post, July 24, 2020)


https://www.scmp.com/news/china/article/3094359/asian-states-face-stark-choice-threat-china-us-military-clash?utm

South China Morning Post, July 24, 2020
Kristin Huang(署名記事)


7月24日付の香港日刊英字紙South China Morning Post電子版は同紙中国担当レポーターKristin Huangの“Asian states face stark choice in threat of China-US military clash”と題する署名記事を掲載し、ここでHuangは米中対立が激化する状況下でアジア諸国が厳しい選択を迫られていると論ずる中で、特に今年のCOVID-19のパンデミックがこうした状況に拍車を掛けることになったと指摘している。
 

(5)7月23日 How to Ruin a Superpower(Foreign Policy, July 23, 2020)


https://foreignpolicy.com/2020/07/23/how-to-ruin-a-superpower/

Foreign Policy, July 23, 2020
Stephen M. Walt


7月23日付の米シンクタンクForeign Policy Research Instituteのウェブサイトは米 Harvard University, the Robert and Renée Belfer school国際関係学教授Stephen M. Waltの“How to Ruin a Superpower”と題する論説を掲載し、ここでWaltは米国の超大国としての地位は長い間、没落の途を辿ってきたが、特にTrump政権のCOVID-19対応の不手際がこれに拍車を掛けることになったと論じている。
 

(6)7月21日 What Comes After COVID-19? Political Psychology, Strategic Outcomes, and Options for the Asia-Pacific 'Quad-Plus'(Real Clear Defense, July 21, 2020)


https://www.realcleardefense.com/articles/2020/07/21/what_comes_after_covid-19_political_psychology_strategic_outcomes_and_options_for_the_asia-pacific_quad-plus_115482.html

Real Clear Defense, July 21, 2020
Giuseppe Paparella


7月23日付の米オンライン防衛関係ニュースサイトReal Clear Defenseは英King's College London, the School of Security Studies研究員、米Stanford University, the Hoover Institution客員研究員Giuseppe Paparellaの“What Comes After COVID-19? Political Psychology, Strategic Outcomes, and Options for the Asia-Pacific 'Quad-Plus'”と題する論説を掲載し、ここでPaparellaはCOVID-19によって引き起こされるアジア太平洋地域への地政学的影響についての分析上の考慮事項として、①主要各国における長期的な経済的、政治的、財政的苦痛の拡大、②中国にとってのアジア太平洋地域に形成されつつある対立的な枠組み(Quad-plus)との協調の困難性、③米国が米中対立のリスクに気付くのは中国が外交上の孤立を是とする道を選択した場合であること、の三点を指摘しつつ、これらの問題の回避には採用する戦略の長期的影響について体系的に考えることが重要と論じている。