SPFの日米交流グループにおいて、2008年以来これまで様々な事業を通じて協力関係を育んできた専門家によって執筆された、特別寄稿論文のシリーズです。日米関係に関わる幅広いテーマ、分野の専門家の問題意識や最新の研究成果が反映されています。
※なお、本シリーズの論文は著者の見解であり、笹川平和財団の見解を代表するものではありません。

「権威主義諸国の挑戦―中国、ロシアとリベラルな国際秩序への脅威―」

アーロン・L・フリードバーグ著(2018)(原著 "The Authoritarian Challenge: China, Russia and the Threat to the Liberal International Order", 2017)

»続きを読む

"The Bay of Bengal: Political-Economic Transition and Strategic Implications"

by Prof. Kent E. Calder (2018)

»続きを読む

"The Authoritarian Challenge: China, Russia and the Threat to the Liberal International Order"

by Prof. Aaron L. Friedberg (2017)

»続きを読む

"Archipelagic Defense: The Japan-U.S. Alliance and Preserving Peace and Stability in the Western Pacific"

by Dr. Andrew F. Krepinevich, Jr. (2017)

»続きを読む

"Prospects for the China-Europe Relationship and Global Implication"

by Prof. Kent E. Calder (2016)

»続きを読む

"The United States, Japan and the Gulf Region"

by Prof. Kent E. Calder (2015)

»続きを読む

アジア戦略イニシアチブ

ホームへ

SPFアメリカ現状モニター

ホームへ

ページトップ