日米経済フォーラム

(2013年4月~2017年3月)

本事業は、日本と米国が「日米同盟」を基軸として、新しい時代に対応した協力関係を築き上げるため、安全保障分野だけでなく、経済分野も重要であるとの認識の下、日米はグローバル経済に重要な影響を及ぼしうるマクロ・ミクロの経済問題について、利害を共有しているとの問題意識から実施しています。
米国ピーターソン国際経済研究所(PIIE)と協力し、日米両国の幅広い経済分野に精通した経済専門家が一堂に会し、日米や世界経済が直面すると見込まれる構造的な問題について非公開の形で専門的かつ実務的な議論を行っています。同フォーラムは原則として年2回(日本及び米国で各1回)、2日間(1日の非公開、半日の公開)開催しています。

第2回日米経済フォーラム公開パネル・ディスカッション

»続きを読む

第1回日米経済フォーラムの様子

»続きを読む

PIIE所長ポーゼン氏講演会「米国から見た「アベノミクス」」

»続きを読む
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

アジア戦略イニシアチブ

ホームへ

SPFアメリカ現状モニター

ホームへ

ページトップ