新着情報

5/25 第142回海洋フォーラム「わが国のサンゴ礁生態系保全の現状と対策」

募集は終了しました

一覧にもどる

【最新回】
第142回海洋フォーラム「わが国のサンゴ礁生態系保全の現状と対策」
日時 2017年5月25日(木)17:00~18:30(受付開始16:30)
会場 東京都港区虎ノ門1-15-16 笹川平和財団ビル 11階国際会議場
(東京メトロ銀座線 虎ノ門駅下車 出口4 徒歩1分)
講師 奥田 直久氏(環境省自然環境局 自然環境計画課長)

サンゴ礁生態系は生物多様性を基盤とし、人々に多くの恵みをもたらしてくれています。わが国では、環境省が2016年3月に「サンゴ礁生態系保全行動計画2016-2020」を策定し、総合的な取組みを行っています。しかしながら、2015年~16年にかけて強いエルニーニョ現象が起こり、グレートバリアリーフやキリバス等でもかってないほどの大規模なサンゴの白化現象が起きており、わが国でも、2016年夏に大規模白化現象により深刻な被害が起きました。これを受けて環境省は、2017年4月にサンゴ大規模白化緊急対策会議を開催し、「サンゴの大規模白化現象に関する緊急宣言」をまとめました。

今回の海洋フォーラムでは、わが国のサンゴの大規模白化現象を取り上げ、サンゴ礁生態系の保全の対策と取組みについて考えます。

【お問い合わせ】
海洋政策研究所
お問い合わせはこちら
tel.03-5157-5238
メールでのお問い合わせはこちら

募集は終了しました

ページトップ