やしの実大学とは



笹川太平洋島嶼国基金では、太平洋島嶼国の人々と、同じ島の視点をもつ日本の島嶼部の人々こそ、両地域の共通の課題を話し合えるとの考えに基づき、1994年から1996年にかけ合計8回にわたり「島を語る会」を開催しました。この会を通じ、日本国内で太平洋島嶼への理解を促進することが重要であるとの結論に達し、1997年に「やしの実大学」事業を開始しました。

「やしの実大学」事業では、1997年から8年にわたり、①インターネットを利用したバーチャルクラスの開設、②八重山諸島などでの公開講座の実施、③太平洋島嶼国に関する情報発信の強化と理解の促進などに関する活動を実施しました。

本サイトは、1997年から2004年までの間に掲載された「やしの実大学」のバーチャルクラスと公開講座の成果を、アーカイブとして保存・公開するものです。過去の成果を長く保存し、太平洋島嶼国の情報ソースとして役立てれば幸いです。なお、本サイトに掲載されている情報は、掲載当時のものであることを、予めご了承ください。

「やしの実大学」にご協力いただいた方々へ

1997年から2004年までの間、太平洋島嶼国に興味と関心をお持ちの専門家など多くの皆様にご協力をいただきました。心から感謝申し上げます。この間に蓄積された画像資料、各種資料、論文・エッセーなど膨大な量になります。私どもはこの貴重な資料を整理整頓して、長い期間にわたって保存・公開していくことが必要であると考えました。

この度、「やしの実大学」に掲載された内容を、笹川平和財団の太平洋島嶼国基金のホームページに移転して保存することにしました。貴重な資料を永続的に利用できるようにすることが目的です。「太平洋情報」については、新しいコンセプトで引き続き提供できるよう取り計らってまいります。

太平洋島嶼国と歴史的にも地政学的にも最も近い関係にある日本ですが、太平洋島嶼に関する情報が系統的に集められてサイトは極めて限られています。今後、より一層充実するよう努力してまいります。「やしの実大学」に関われれた多くの方々に、重ねてお礼申し上げます。