No.0023

2014年12月18日

持続可能な開発の実現に向け、 大切なのは社会全体が 当事者として責任を持つこと

太平洋島嶼国の地域協力推進の新たな担い手として、2013年に設立された太平洋諸島開発フォーラム(PIDF)。今回は、その太平洋諸島開発フォーラム関係者としては初来日となる、フェレティ・テオ事務局長へのインタビューを行いました。 地球温暖化で、領土そのものの存在が危うくなっているツバルの出身でもある氏が、太平洋諸島フォーラム(PIF)との違いや、地域全体のアプローチの必要性をはじめ、持続可能な開発を達成するためには、何が必要なのかを語っています。
続きを読む

過去の記事