No.0021

2014年10月01日

BOP(Base of Pyramid) とよばれる低所得者層をビジネスに組み入れ、社会的課題の解決を図る

世界に約40億人いるといわれている、1日2ドル以下で生活するBOP層。その層の人々にビジネスを通して生活改善と自立を促し、収益と社会的価値を生み出すことを目指すBOPビジネスが注目されています。SPFが、徹底した調査で現地のニーズを考え、様々な企業や組織をつないで日本発のBOPビジネスを支援しつつ、展開してきた当プロジェクトの成果を紹介。BOPビジネスを支える技術が、先進国にも貢献するリバースイノベーションとして期待されているなど、興味深い内容となっています。
続きを読む

過去の記事