アジアインパクト対話 シンポジウム
「老いるアジアの選択肢:社会資源としての高齢者像に向けて」
(2018.8.30開催)

 アジア諸国では急速に高齢化が進み、高齢化の先頭をひた走る日本の経験への関心が高まっています。今般、笹川平和財団とアジアン・エイジング・ビジネスセンターでは、人生100年時代の健寿モデルを推進する福岡市において、高齢化に関するシンポジウムを開催します。今後、アジアが老いるなかで、高齢者が活躍できる地域や社会をどのようにつくっていけるのでしょうか。福岡市とアジア諸国の先進事例をもとに、今後の方向性を議論します。ぜひご参加ください。
アジアインパクト対話 シンポジウム
「老いるアジアの選択肢:社会資源としての高齢者像に向けて」
日時
2018年8月30日(木)13:00-17:00 (12:30受付開始)
会場
アクロス福岡4階 国際会議場
※会場はアクロス福岡ですので、ご注意ください。
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-1-1(地図
主催
公益財団法人笹川平和財団、特定非営利活動法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター
後援:福岡市
プログラム

アジアインパクト対話 シンポジウム

13:00-13:15

開会挨拶
大野修一(公益財団法人笹川平和財団理事長)、永渕英洋氏(福岡市保健福祉局長)
13:15-14:45 シンポジウム1:老いる福岡市の今後
モデレーター:清崎昭紀(アジアン・エイジング・ビジネスセンター 理事)
講演者:
馬男木幸子氏(福岡市社会福祉協議会)
井手修身氏(福岡市アラカンフェスタ・R60倶楽部)
野田亮子氏(福岡県70歳現役応援センター)
松田純氏(福岡市シルバー人材センター)

15:00-17:00

シンポジウム2:老いるアジアの今後
モデレーター:高田仁氏(九州大学大学院 経済学研究院 教授)
講演者:
クエン・チャン氏(ヘルプエイジインターナショナル 東アジア・太平洋支部 プログラムアドバイザー)
テルマ・ケイ氏(UNESCAP 元部長)
ハン・ドンヒ氏(高齢者生活科学研究所所長)
馬利中氏(上海大学東アジア研究センター 所長)
使用言語
日本語、英語(同時通訳付き)
その他
参加費無料、申し込み先着順
お申込について
参加ご希望の方は、8月27日(月)12:00までに、本ページよりお申し込みください。
※定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー・講演会等へご案内する際に使用させていただきます。
◆笹川平和財団 アジア・インパクト対話(AID)事業とは◆
 笹川平和財団では、日本が課題先進国として、日本とアジアの共通課題に関する経験と知見をパートナーの立場から共有し学びあうことで、新しい関係づくりに資することを目的に、2018年よりアジア・インパクト対話(AID)事業を開始しました。アジア諸国の専門家・実務家との議論を重ねることで、既存の考え方に捉われない代替案(オルタナティブ)を示すことを目指しています。
 その第一弾として、2018年2月には、官民挙げて高齢化対策に力を入れるシンガポールにおいて、東南アジア研究所(ISEAS Yusof Ishak Institute)との共催でワークショップを開催しました。会議には、シンガポールの保健大臣をはじめ、5か国から専門家が集い、地域に根差したケアなどについて協議しました。その場で、高齢者をケアの対象ではなく、活躍する人材と捉える必要性が提起され、今回の会議へとつながっています。
事務局
NPO法人 アジアン・エイジング・ビジネスセンター
メール: info@aabc.jp
電話: 092-473-9965

笹川平和財団 アジアの人口動態事業グループ (岡本、横木、山下、中原)
メール: AsiaImpactDialogue@spf.or.jp
電話:03-5157-5142
財団について
助成申請
年度
年度
メルマガ登録はこちら
その他一覧

ページトップ