7/25 第10回サイバーセキュリティ月例セミナー
「サイバーセキュリティ戦略の改定について」
(2018.7.25開催)

 笹川平和財団は、日本におけるサイバーセキュリティ体制の強化に取り組んでおり、2017年9月より原則月に1回サイバーセキュリティ月例セミナーを開催しております。本セミナーが、日本のサイバーセキュリティの現状と課題についての皆様の理解を深める一助となれば幸いです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。(先着100名様)
講演者プロフィール
三角 育生氏

内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター副センター長・内閣審議官

2012年6月から内閣サイバーセキュリティセンター(NISC、改組前:情報セキュリティセンター)に勤務し、サイバーセキュリティ基本法制定・改正に内閣側として取り組んだとともに、同法に基づくサイバーセキュリティ戦略の立案とりまとめ(2015版及び2018年版)や各種基準等の見直しを行っている。また、日本年金機構を含む重大なサイバーセキュリティ事象への対応などインシデントレスポンスの指揮等も多数行っている。NISC勤務前は、経済産業省貿易経済協力局貿易管理部安全保障貿易審査課長、同商務情報政策局情報セキュリティ政策室長、(独)情報処理推進機構セキュリティセンター長等を歴任し、情報セキュリティガバナンスの推進、情報セキュリティ技術対策の促進などサイバーセキュリティに関連する業務の他、外為法に基づく審査、同審査の業務改革・情報化推進、コンピュータ2000年問題対応、90年代にワッセナーアレンジメント設立に関する国際交渉等に従事してきている。2016年6月から現職。

【セミナー概要】
 日本のサイバーセキュリティ政策は、「サイバーセキュリティ基本法」に基づき政府が策定する「サイバーセキュリティ戦略」に基づき実施されます。現行の「サイバーセキュリティ戦略」(2015年9月4日閣議決定)は、2016年度から2018年度を計画期間としているため、現在、政府の「サイバーセキュリティ戦略本部」において次期戦略が検討されています。
 今回は、同戦略本部の事務局である内閣官房サイバーセキュリティセンターで次期戦略の立案に携わる三角育生内閣審議官を講師としてお迎えし、次期戦略のポイントについてお話をいただきます。
「7/25 第10回サイバーセキュリティ月例セミナー」
「サイバーセキュリティ戦略の改定について」
日時
2018年7月25日(水)17:00~18:30 (16:40 受付開始)
会場

笹川平和財団ビル
〒105-8524 東京都港区虎ノ門1-15-16(地図
11階国際会議場
(銀座線虎ノ門駅より徒歩1分、あるいは霞ケ関駅より徒歩5分)

主催
公益財団法人笹川平和財団
プログラム
第10回サイバーセキュリティ月例セミナー
17:00 開会挨拶
17:05-17:50 講演 「サイバーセキュリティ戦略の改定について」
三角 育生氏 内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター副センター長・内閣審議官
17:50-18:30 質疑応答
18:30 閉会
使用言語
日本語
その他
参加費無料、申込先着順
お申込について
2018年7月24日(火)17:00までにお申込みください。
締切前においても定員(100名)になり次第、締め切りますので予めご了承ください。
事務局
笹川平和財団 安全保障事業グループ (西嶋)
Tel 03-5157-5162

※取材についてのお問い合わせは広報課へお願いいたします。
広報課(尾形・中原・上津原)
Tel 03-5157-5398 Email spfpr@spf.or.jp

メールでのお問い合わせはこちら

財団について
助成申請
年度
年度
メルマガ登録はこちら
その他一覧

ページトップ