新着情報

一覧にもどる

海の論考「OPRI Perspectives」第1号の発行について

2019.10.24

海洋の温暖化・酸性化、プラスチックごみ等による海洋汚染、水産資源の持続可能な利用、海洋生物多様性の保全、沿岸域の減災・防災など、海洋に係る課題は多岐にわたりその対策は待ったなしの状況となっています。一方で、海洋は洋上風力などの産業の可能性を秘めた場所であり、ワクワクするような科学発見のあるフロンティアでもあります。

笹川平和財団海洋政策研究所では、このような海洋に係る国内外のさまざま動きを分析して発信していくことを目指して、海の論考「OPRI Perspectives」の取組みを開始することとしました。 今後、海洋政策研究所(OPRI)の研究員を中心に発信をしてまいります。「肩の力を抜いて読める」ことを目指してひと足先に開始している海洋政策研究所ブログ「海のジグゾーピース」とあわせてご覧ください。

第1号は海洋政策研究所角田智彦主任研究員による論考「日本の海洋情報管理の新たな展開」で、日本の海洋情報一元化についてその経緯を踏まえて今後を展望します。

ページトップ