書籍

『海洋政策研究』第14号

 2020年6月30日、笹川平和財団海洋政策研究所(以下「海洋政策研究所」)は、『海洋政策研究』第14号を刊行致しました。
 本誌は海洋政策研究所の前身である海洋政策研究財団が2005年から刊行しておりました学術雑誌『海洋政策研究』の最新刊となります。
 海洋政策研究所に所属する研究者による最新の研究知見を掲載しておりますので、こちらよりぜひご覧下さい。また、今号では既刊掲載論文を取りまとめた『海洋政策研究』総目次も掲載致しましたので併せてご覧下さい。

『海洋政策研究』第14号掲載論文

倉持一「水産エコラベルの課題と可能性に関する一考察」
小林正典「国家管轄権外区域における海洋生物多様性―地域協力体制の発展と将来的課題―」
小森雄太「新たな海洋ガバナンス構築に関する基礎的研究―ブルーインフィニティループの視点から―」
田中元・黄俊揚「動学的一般均衡モデルを用いた補助金投入による6次産業化の政策シミュレーション―北海道函館市を例として」
藤井麻衣・佐藤淳「国連気候変動枠組条約の下での「ブルーカーボン」に係る現状と課題」

ページトップ