書籍

『Competition and Conflict in the Indo-Pacific: New Geopolitical Realities』

2020年4月27日、笹川平和財団海洋政策研究所・相澤輝昭特任研究員の共著論文が掲載されたCompetition and Conflict in the Indo-Pacific: New Geopolitical Realitiesが英Routledgeから刊行されました。

 本書はUAEハリファ大、Brendon Canon准教授、Ash Rossiter准教授編によるインド太平洋地域における国際政治、安全保障の地政学的な分析に関する論考集であり、相澤特任研究員はRossiter准教授と共著により第3章 Decoding Japan’s "Free and Open Indo-Pacific" Conceptを執筆しています。その中で、日本が推進する「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想に関する研究に先駆的に取り組んできた経緯から、本論考ではFOIPとは何か、特にその焦点と見なされている中国との関係をどのように考えればよいのか、について解説しています。

Competition and Conflict in the Indo-Pacific: New Geopolitical Realities
(Routledge (Taylor and Francis) Routledge's Think Asia series, Apr 2020)
Publisher's Official Page

ISBN 9780367423506
Published April 27, 2020 by Routledge
196 Pages - 9 B/W Illustrations

(Chapter 3) Decoding Japan’s “Free and Open Indo-Pacific” Concept
Teruaki Aizawa, Ash Rossiter

ページトップ