沿岸域総合管理教育

四国5大学連携による取組

知のプラットフォーム形成事業

2013年(平成25年)5月13日(月)、高知大学を含む四国5国立大学による連携事業「四国5大学連携による知のプラットフォーム形成事業」の共同実施に関する協定調印式が愛媛大学で執り行われました。今後、AO入試の共同実施、大学教育におけるeラーニングの活用促進、産学官連携強化といった面で、大学の枠を超えて取り組むこととされています。
構成は、愛媛大学、香川大学、高知大学、徳島大学、鳴門教育大学(あいうえお順)です。

総合的海洋管理教育構想

海洋の総合的管理を行いつつその恵みを持続的に享受するために必要な知識・技術・思想は多岐にわたり、個々の大学だけでは網羅し切れないと考えられます。また、大学生のみならず次世代を担う児童・生徒に対して、海洋に興味を持たせる初等・中等教育を実施することのできる教員を養成することも、極めて重要なミッションです。

四国の各大学では、下記のように海洋に関するそれぞれ特色ある教育が実施されています。上記4大学及び鳴門教育大学が協力して、各大学で実施されているカリキュラムを統合的・補完的に運用し、かつ各大学での特色をうまく組み込めれば、5大学のスケールメリットを活かした、分野横断的・俯瞰的視野を持った学生の育成が可能な、先駆的かつ画期的な総合的海洋管理(ICOM:Integrated Coastal and Ocean Management)教育が実現可能であると考えられます。

四国5大学連携による総合的海洋管理教育構想

四国5大学連携による総合的海洋管理教育構想

大学と⾃治体の取組

ページトップ