島と周辺海域

研究内容

概要

本調査研究は第1期(2009年度(平成21年度)から2011年度(平成23年度))に続く、第2期(2013年度(平成25年度)から2015年度(平成27年度))の事業です。第2期3ヵ年の事業の1年目は、オーストラリア国立海洋資源安全保障センター(Australian National Centre for Ocean Resource & Security, ANCORS)、太平洋共同体応用地球科学技術委員会(Applied Geoscience and Technology Division of the Secretariat of the Pacific Community, SOPAC Division of SPC)、太平洋諸島フォーラム事務局(Pacific Islands Forum Securetariat, PIFS)等と協力して国際セミナーを開催し、島と周辺海域における持続可能な開発に向けて島嶼国や国際社会が推進すべき政策の具体化等について議論を行い、第1期に取りまとめた国際版共同政策提言を改正し、共同政策提言「For The Better Conservation and Management of Islands and Their Surrounding Ocean Areas(島と周辺海域のより良い保全と管理)」(以後、新・国際版共同政策提言と記す。)を取りまとめ、国際社会に対して発信し、その実現を図りました。

それと並行して、第1期「島と周辺海域の保全・管理に関する調査研究」による国内版政策提言や新・国際版共同政策提言、リオ+20成果文書等を踏まえ、島と周辺海域における持続可能な開発に向けて島嶼国や国際社会が推進すべき政策の具体化について検討を行いました。

関連資料

ページトップ