海洋に関する情報発信

【Ocean Newsletter】バックナンバー

第235号(2010.05.20 発行)

インフォメーション:『海洋白書2010』の刊行について

海洋政策研究財団では、昨年に引き続き、「海洋白書2010」を刊行いたしました。わが国の海洋問題の総合的・横断的取り組みに資するため、多方面にわたる海洋・沿岸域に関する出来事や活動を「海洋の総合的管理」の視点に立って分野横断的に整理・分析し、とりまとめております。
とくに今回の白書第1部では、海洋基本法が掲げる基本的施策の中から5つのテーマに焦点を当て、その現状、今後の課題などを特集しております。海洋の様々な分野への取り組みが活性化してきている今、海洋に関心を寄せる皆様にぜひ一読をお勧めします。

『海洋白書2010』の構成(概要)


■『海洋白書2010』
発行:(株)成山堂書店
定価:2,100円(税込)
ISBN978-4-88404-231-8

第1部 新たな「海洋立国」の実現に向けて
気候変動と海洋/
わが国の管轄海域における海洋資源の開発・利用の推進/
海洋技術の発展を通じた新たな海洋立国/
海洋の安全確保および海上輸送確保/
海洋調査の推進と海洋情報の整備

第2部 日本の動き、世界の動き
海洋・沿岸域の各分野のこの1年間余の内外の動きを日誌形式でわかりやすく整理、掲載

第3部 参考にしたい資料・データ
海洋エネルギー・鉱物資源開発計画/
「新たな海洋立国の実現」に関する提言/
海賊行為の処罰および海賊行為への対処に関する法律/
海岸漂着物処理推進法/
第4期科学技術基本計画に向けた海洋科学技術の重要事項について/
海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針(案)/
米国 省庁間海洋政策タスク・フォース中間報告/
中華人民共和国海島保護法

ページトップ