OPRIについて

沿革

1975.12.18. 財団法人日本造船振興財団設立
1976.4.1. 造船資料センター、リモートセンシング事業、ならびに中小造船業及び造船関連工業の経営指導事業として経営診断、技術診断、経営者セミナーを開始
1977.4.15. 公益法人等に対する業務資金の貸付事業を開始
1980.7.1. 海洋油濁防止及び海洋環境技術に関する研究事業を開始
1981.4.1. 造船技術及びこれに関連する技術の研究開発事業を開始
1981.11. IMO資料室開設
1983.4.1. 造船及びこれに関連する運輸の分野における国際交流・国際協調等推進事業を開始
1989.4.1. 造船CIMの開発に関する事業を開始
1990.9.10. 財団法人シップ・アンド・オーシャン財団に改称
1991.4.1. 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業を開始
1992.6.16. 世界初の超電導電磁推進船「ヤマト-1」が完成し、神戸港で航行実験に成功
1993.4.1. 国際共同研究プロジェクトINSROP(北極海航路開発)事業を開始
2000.4.1. 海洋シンクタンク事業を開始
  • 研究者交流ネットワークの構築
  • 社会的提言のための調査研究
  • 海洋調査研究国際協力
2000.7.20. Ship & Ocean Newsletterを創刊(2013年Ocean Newsletterに改題)
2001.4.1. 世界海事大学支援業務の開始(東京財団から継承)
2002.4.1. SOF海洋政策研究所を設置
  • 閉鎖性海湾の健康診断に関する調査研究(海の健康診断)
  • 海洋及び沿岸域のゴミ問題に関する調査研究
  • 海洋の安全保障に関する調査研究
2002.11.1. 第1回海洋フォーラム開催
2004.2. 海洋白書2004 創刊号を発刊
2005.4.1. 海洋政策研究財団の通称で、下記分野にて研究活動を開始
海洋政策、海上交通、安全保障研究、沿岸管理、海洋環境、海洋教育、海洋技術
2005.11 「21世紀の海洋政策への提言」とりまとめ
2006.4 海洋基本法研究会の事務局活動を開始
2006.12 同研究会にて「海洋政策大綱」「海洋基本法案の概要」とりまとめ
2008.7 国連経済社会理事会の特別協議資格を正式取得
2013.4 一般財団法人シップ・アンド・オーシャン財団に移行
2014.7 第7回海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)受賞
2015.4 公益財団法人笹川平和財団と合併・笹川平和財団海洋政策研究所として活動を開始
ページトップ