女性と平和構築

2021年度事業

所属 アジア事業グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
委託先名 Centre for Peace and Conflict Studies、ムスリム弁護士協会ほか
年数 3年継続事業の2年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥35,000,000

事業概要

 笹川平和財団は、過去10年間タイ深南部の紛争解決の目的で、現地NGOから政策決定者まで様々なアクターと連携してきた経験から、平和構築における女性の果たす役割に着目し、新たに「女性と平和構築」をテーマとする事業を開始します。紛争地では女性が担わねばならない役割が多く、現場のニーズや問題点を熟知しているのは女性であるにもかかわらず、彼女達の政策決定への参画機会は限られています。国連等においてWomen, Peace and Securityの議論も活発に行われる中、本事業では、平和構築のために女性が果たす役割を改めて問い直し、フィールドをタイ南部に限定せず、広くアジアの紛争地や紛争後の社会を対象に、現地の女性達のニーズを吸い上げながら横の連携を強化していきます。

担当研究者

堀場 明子
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ