研究員紹介

2020年8月7日現在

岩田高志
海洋政策研究部
研究員
いわた たかし
岩田 高志

専門分野

動物生態学

略歴

2012. 3  総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻 五年一貫制博士課程 修了 博士(理学)
2012. 4  東京海洋大学 海洋観測支援センター 博士研究員
2013. 5  東京大学 大気海洋研究所 特任研究員
2016. 4  東京大学 大気海洋研究所 海洋科学特定共同研究員
2016. 11  セントアンドリュース大学 海外特別研究員
2018. 12  東京大学 大気海洋研究所 特任研究員
2020. 4  東京大学 大気海洋研究所 海洋科学特定共同研究員
2020. 6  笹川平和財団 海洋政策研究所 研究員

担当事業

海洋デジタル社会の構築(海洋の可視化・海洋宇宙連携)

論文・出版物等

論文(査読あり)
12. 岩田高志.2020.海生哺乳類学におけるバイオロギングの利用と発展.哺乳類科学 60: 281-296.

11. Akiyama Y., Akamatsu T., Rasmussen M. H., Iversen M. R., Iwata T., Goto Y., Aoki K. and Sato K. Leave or stay? Video-loggers revealed foraging efficiency of humpback whales under temporal change in prey density. PLOS ONE 14: e0211138.

10. Constantine R., Iwata T., Nieukirk. S. L., and Penry G. S. 2018. Future directions in research on Bryde's whales. Frontiers in Marine Science 5: 333.

9. Iwata T., Akamatsu T., Thongsukdee S., Cherdsukjai P., Adulyanukosol K., and Sato K. 2017. Tread-water feeding of Bryde's whales. Current Biology 27: 1154-1155.

8. Iwata. T., Sakamoto. K. Q., Edwards. E. W. J., Staniland. I. J., Trathan. P. N., Goto. Y., Sato. K., Naito. Y. and Takahashi. A. 2015. The influence of preceding dive cycles on the foraging decisions of Antarctic fur seals. Biology Letters 11: 20150227.

7. Iwata. T., Yonezaki. S., Kohyama. K. and Mitani. Y. 2013. Detection of grooming behaviours with an acceleration data logger in a captive northern fur seal (Callorhinus ursinus). Aquatic Mammals 39: 378-384.
 
6. Iwata. T., Hayashi. T., Takasawa-Kasamatsu. N. 2013. Report of seabird observation in the Indian sector of the Southern Ocean during the austral summer of 2005-2008. Czech Polar Reports 3: 82-86.

5. Sakamoto. Q. K., Takahashi. A., Iwata. T., Yamamoto. T., Yamamoto. M. and Trathan. P. N. 2013. Heart rate and estimated energy expenditure of flapping and gliding in black-browed albatrosses. The Journal of Experimental Biology 216: 3175-3182.
 
4. Iwata. T., Sakamoto. K. Q., Takahashi. A., Edwards. E. W. J., Staniland. I. J., Trathan. P. N. and Naito. Y. 2012. Using a mandible accelerometer to study fine-scale foraging behavior of free-ranging Antarctic fur seals. Marine Mammal Science 28: 345-357.
 
3. Watanabe. Y. Y., Sato. K., Watanuki. Y., Takahashi. A., Mitani. Y., Amano. M., Aoki. K., Narazaki. T., Iwata. T., Minamikawa. S. and Miyazaki. N. 2011. Scaling of swim speed in breath-hold divers. Journal of Animal Ecology 80: 57-68.

2. Sakamoto. K. Q., Takahashi. A., Iwata. T., and Trathan. P. N. 2009. From the eye of the albatrosses: A bird-borne camera shows an association between albatrosses and a killer whale in the Southern Ocean. PLoS ONE 4: e7322.
 
1. 岩田高志,三谷曜子,米崎史郎,香山薫,高橋晃周.2009. 加速度データロガーによる飼育下キタオットセイの遊泳・捕食行動記録の検証.日本水産学会誌 75: 989-994.

出版物等
著書

はじめてのフィールドワーク②海の哺乳類編.岩田高志 (担当:分担執筆, 範囲:亜南極の無人島でオットセイライフ p107-145) 東海大学出版部   2016年12月

バイオロギング<2> 動物たちの知られざる世界を探る.岩田高志 (担当:分担執筆, 範囲:オットセイは記憶力で採餌行動を決める p171-175) 京都通信社   2016年8月   

バイオロギング 最新科学で解明する動物生態学.岩田高志 (担当:分担執筆, 範囲:母の帰りを待ちわびて p62) 京都通信社   2009年9月

紀要等(査読無)
岩田高志(2017)タイのクジラの待つだけ採餌 - カツオクジラは立ち泳ぎしながら採餌する.Academist Journal. https://academist-cf.com/journal/?p=6466

岩田高志(2017)タイ湾のカツオクジラ調査.勇魚 65 18-22
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ