研究員紹介

2019年11月27日現在

三百苅拓志
安全保障研究グループ
研究員
さんびゃくがり ひろし
三百苅 拓志

専門分野

・日米同盟、特に「2プラス2」を頂点とする日米安全保障協議
・日本の防衛政策

略歴

2006年に中央大学総合政策学部卒業、防衛省海上自衛隊に入隊。主に護衛艦部隊にて勤務し、2009年にインド洋派遣活動に従事。2011年に海上自衛隊を退職。2013年に防衛大学校総合安全保障研究科特別研究員、2015年に同前期課程修了。平和・安全保障研究所研究員を経て2019年11月より現職。

担当事業

日本アジア安保防衛交流

論文・出版物等

学会発表
・国際安全保障学会 2019年8月 第12回定例研究会 「97『指針』から新『指針』までの日米協議システムの強化」
・日本国際政治学会 2018 年度研究大会 分科会 「日米安全保障協議委員会(SCC)のプロセス――『2 プラス 2』の質的変化を中心に」
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ