研究員紹介

2018年7月1日現在

小木曽 麻里
ジェンダーイノベーション
グループ長
こぎそ まり
小木曽 麻里

専門分野

・社会的インパクト投資、ESG投資、ジェンダー投資
・インクルーシブビジネス、官民連携を通じた開発支援
・起業家支援(投資、ICT分野の起業支援)

略歴

インパクト投資やインクルーシブビジネス、CSRなど発展途上国における民間ビジネスの促進および官民連携業務に幅広く携わる。2017年に運用総額100億円規模の「アジア女性インパクトファンド」を設定し、アジアにおける女性の機会創出とジェンダー格差是正の取り組みを行う。日本長期信用銀行、世界銀行グループ多国間投資保証機関(MIGA)東京事務所長、Kopernikアドバイザリーボード、ダルバーグ東京事務所長を歴任。東京大学経済学部卒業。タフツ大学フレッチャー校修士。国際開発機構海外投融資委員会有識者委員。2017年「Forbes世界で闘う日本の女性55名」に選ばれる。

担当事業

・アジア女性インパクトファンド
・女性起業家支援     

論文・出版物等

o 国際開発ジャーナル 「拡大するフィランソロピー市場~民間財団の新たな役割を考える~」2017年8月
o “Growing Women’s Entrepreneurship through ICT in Southeast Asia” “ICT Skills for Girls and Women in Southeast Asia”, 2017, the Sasakawa Peace Foundation (as a member of the research team)
o アエラ, 2010.12.27, 「ビジネスを通じた貧困削減」
o World Bank Institute, Development Outreach Magazine, June 2008 “Social Issue-Oriented BoP Business and Japanese Companies” Mari Kogiso, Mia Matsuo, and Tokutaro Hiramoto

言語

日本語・英語
財団について
日米交流事業
助成申請
年度
年度
メルマガ登録はこちら
その他一覧

ページトップ