Ocean Newsletter

【Ocean Newsletter】バックナンバー

第402号(2017.05.05 発行)

『海洋白書2017』の刊行について

笹川平和財団海洋政策研究所では、「海洋の総合的管理と持続可能な開発」の視点にたって分野横断的に整理・考察し、わが国の海洋問題に対する総合的・横断的な取り組みに資することを目的として2004年に創刊した「海洋白書」を今年もお届けします。
2017年はわが国では第3期海洋基本計画の策定に向けた議論が行われ、国際的には「持続可能な開発目標14」の実行について国連ハイレベル「海洋会議」が開催予定され、海にかかわる全ての人々の参画・協働が求められています。海洋に関心を寄せる皆様にぜひ一読をお奨めします。

■『海洋白書2017』
発行:(株)成山堂書店
定価:2,160円(税込)
ISBN978-4-425-53164-6

『海洋白書2017の構成』(概要)

第1部 本格化する海洋をめぐる世界と日本の取組み
本格化する海洋をめぐる世界と日本の取り組み/大きく動き出した海洋をめぐる世界の取組み/わが国の新たな海洋政策の検討/海洋産業の振興と創出/海洋の総合管理と計画策定/海洋の安全の確保/海洋の調査の推進、情報の一元化と公開/人材育成と海洋教育

第2部 日本の動き・世界の動き
海洋・沿岸域の各分野のこの一年余りの内外の動きを日誌形式でわかりやすく整理、掲載

第3部 参考にしたい資料・データ
総合海洋政策本部参与会議意見書/有人国境離島の保全及び特定有人国境離島地域に係る地域社会の維持に関する特別措置法/わが国の海洋状況把握の能力強化に向けた取り組み/「海洋と気候変動に関する戦略的行動ロードマップ:2016-2021」に向けて/「海の日」を迎えるに当たっての内閣総理大臣メッセージ

ページトップ